メモ帳~news pick up~

気になったニュースや事柄をメモ。個人的な備忘録。

金メダル

▲種目別決勝の前半5種目が行われ、男子は床運動で白井健三(日体大)がG難度の大技「リ・ジョンソン」を決めるなど16・233の高得点で2大会ぶり2度目の優勝を飾り、五輪出場権を獲得した。この大会の種目別メダル獲得者は、国内の代表選考で漏れても、個人で出場できる。

 個人総合6連覇を達成した内村航平(コナミスポーツク)は最終日の11月1日に鉄棒で今大会3個目の金メダルを狙う。
引用元:白井が種目別の床運動で金 リオ五輪出場権獲得 - スポーツ : 日刊スポーツ

▲鋭く空気を切り裂くように後方宙返り4回ひねりを決めた。17歳1カ月で金メダルを獲得し、体操界を驚かせたアントワープ(ベルギー)大会から約2年。白井が再び床運動で世界王者の称号を取り戻した。
20151101k0000m050073000p_size7

 白井の技の難度を示す演技価値点(Dスコア)は7.6。予選では全種目を通じて最も高い数字だった。過去2年間は同じ演技構成で世界の舞台に臨んだが、今回は新たにG難度の「リ・ジョンソン」(後方2回宙返り3回ひねり)を加えるなどして昨年よりも0・2点上積みした。自ら「ベテラン」とまで言い切る得意のひねり技だけでなく、宙返り系の技を組み合わせることで演技の幅を広げるのが狙いだ。「ツイスト・センセーション(ひねりの衝撃)」。多彩な技の連続に会場も盛り上がった。

 昨年は予選、団体総合決勝、種目別決勝と毎回、ラインオーバーの失敗を繰り返したが、白井は「日本に忘れ物をしたつもりはない」と万全の準備で臨んだ。失敗を恐れて演技が小さくなった反省から、今年は攻める演技を心掛けてきた。

 自信に満ちているのは練習量に裏打ちされているからだ。今春、日体大に進学し、居残り練習に打ち込めるようになった。日体大は2部練習が基本だが、昼休みの30分程度の短い時間ですら跳躍し、器具に触れる。感覚を忘れないためだ。

 個人総合で6連覇した内村は「次は健三が日の丸を揚げる」と断言したが、期待にきっちり応えた。
引用元:世界体操:19歳・白井、床で2度目の「金」 - 毎日新聞


▲体操の世界選手権第6日は28日、英グラスゴーで男子団体総合決勝が行われ、日本(内村航平=コナミスポーツク、田中佑典=同、加藤凌平=順大、萱和磨=同、早坂尚人=同、白井健三=日体大)が計270・818点で優勝し、1978年仏ストラスブール大会以来、37年ぶりとなる金メダルを獲得した。
20151029-OYT1I50004-L

 五輪も含めた世界大会では2004年アテネ五輪以来、11年ぶりの優勝。日本は序盤のゆかとあん馬で得点を伸ばし、最終種目の鉄棒で2人が落下したが、2位の英国に0・473点差で逃げ切った。03年大会からの世界選手権7連覇を目指した中国は3位だった。
引用元:体操男子、団体で37年ぶり「金」…世界選手権 : スポーツ : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)


▲目まぐるしい試合だった。日本は白井らの床運動と、萱が出たあん馬の前半2種目で、ライバルの中国に対し6.294点と大量リードを奪い、まず勢いに乗った。早坂、加藤の貢献もあってトップに立ち続けたが、4種目終了時に米国に0.100点差まで迫られ、続く平行棒と鉄棒で田中が落下。不穏な流れに傾きつつあるところで、最終演技者の内村を迎えることになった。

 鉄棒に取り付き車輪で回り始めるとすぐ、地元・英国が2位に浮上したことが表示され、会場は大歓声。次の瞬間、内村が離れ技でバーをつかみ損ね、マットに落ちた。「やっちまったなと。歓声が、ここで(タイミングを)合わせるという所で来たので技術的に響いたのかな」。それでも個人総合5連覇中の王者は慌てない。残りの演技をきっちりまとめ、0.473点差で日本に栄冠をもらたした。
引用元:【世界体操】エース内村が最後の鉄棒で落下も… 37年ぶりの頂点 リオへつながる「日本の美しい体操」 - 産経ニュース

▲最後は冷や汗ものだった。体操の世界選手権(英国・グラスゴー)は28日(日本時間29日未明)、男子団体総合決勝を行い、予選を1位で通過した日本は合計270.818点で優勝。世界選手権ではライバル中国の連覇を6で止め、78年仏ストラスブール大会以来37年ぶり6度目の金メダルを獲得した。
 日本はエースの内村航平(26)が5種目目の跳馬まで安定した演技を披露。予選のゆかで頭から落下し、痛めた首と肩の不安を感じさせなかった。「ひねり王子」こと白井健三(19)がゆかで16.325点、萱和磨(18)は得意のあん馬で15.400点をマークするなど首位をキープして最終種目の鉄棒を迎えた。
引用元:日刊ゲンダイ|エース内村に陰り? 体操日本男子37年ぶりも“薄氷”の団体V


↑このページのトップヘ