メモ帳~news pick up~

気になったニュースや事柄をメモ。個人的な備忘録。

選挙

▲大阪府知事・大阪市長のダブル選が22日、投開票された。

 知事選は地域政党・大阪維新の会幹事長の現職・松井一郎氏(51)が再選され、市長選でも大阪維新の会の前衆院議員・吉村洋文氏(40)が初当選を決めた。大阪維新は2011年のダブル選に続いて知事、市長の両ポストを確保し、5月の住民投票で否定された大阪都構想に再挑戦する。

 ダブル選では、都構想をはじめ、12月の任期満了で退任する橋下徹市長(大阪維新の会代表)が府知事時代から推し進めた政策を継承するか、転換するかが最大の争点となった。

 松井氏は知名度を生かして着実に支持を広げ、吉村氏は橋下氏の「後継者」の立場を強調し、勝利をつかんだ。両氏は22日夜に記者会見し、松井氏は「都構想の設計図は(住民投票で)認められなかったが、二重行政を解消し、成長する大阪を作ることに『ノー』ではなかった。市民に納得いただけるような新たな設計図を作りたい」と述べた。吉村氏は「改革路線を継承し、大阪をさらに前進させたい」と語った。
引用元:大阪維新2勝…知事・松井氏、市長・吉村氏 : 政治 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)


▲ 大阪府選挙管理委員会によると、22日に行われた大阪府知事・市長のダブル選で、知事に再選を果たした現職松井一郎氏(51)の得票が200万の大台に乗った。市長に当選した吉村氏も次点に18万票以上の差をつけた。

 ダブル選はそれぞれ任期満了に伴い実施された。市長選の投票率は前回ダブル選を10・41ポイント下回る50・51%。知事選は前回を7・41ポイント下回る45・47%だった。
引用元:【大阪ダブル選】松井氏の得票、200万の大台に - 産経WEST

hjkkgghioklkl
hhuhughjkjk

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

▲ミャンマー・ヤンゴン(CNN) ミャンマーの選挙管理委員会は11日、野党・国民民主連盟(NLD)を率いるアウンサンスーチー氏(70)が8日に行われた総選挙で議席を獲得したと明らかにした。スーチー氏は2012年に続く再選。
suu-kyi-head-shot-getty

選挙管理委員会によれば、これまでに確定した182議席のうち163議席をNLDが獲得。NLDが9割近い議席を得た計算になる。
NLDのヤンゴン本部の外では支持者たちが歴史的な大勝の予感に歓声を上げた。支持者の1人はCNNに対し、「勝てると信じている。私たちはこれ以上、軍政を見たくない」と語った。
テインセイン大統領は選挙結果を尊重するとしているが、制度自体が軍に有利に出来ており、上下両院の4分の1の議席は軍人に割り当てられている。そのため、NLDが過半数となるためには上下両院で残る議席の3分の2以上を確保する必要がある。
引用元:CNN.co.jp : ミャンマー総選挙、スーチー氏が再選


▲8日に投票が行われたミャンマーの総選挙は、選挙管理委員会による集計が全体の4割近くまで進み、11日、アウン・サン・スー・チー氏の当選も発表されるなど、野党NLD=国民民主連盟が与党に圧倒的な差をつけています。
ミャンマーの選挙管理委員会は、11日午前、新たに61議席の結果を明らかにし、民主化運動の指導者で野党NLDの党首、アウン・サン・スー・チー氏自身の当選が正式に発表されました。
選挙管理委員会によるこれまでの集計によりますと、選挙で争われた議席の37%の182議席が確定し、このうちNLDが163議席を獲得したのに対し、軍事政権の流れをくむ与党のUSDP=連邦団結発展党は10議席にとどまっているほか、少数民族政党と独立系候補者が合わせて9議席となっていて、NLDが圧倒的な差をつけてリードしています。
NLDは独自の集計を進めており、党ナンバーツーのティン・ウー名誉議長は10日、「全国で81%の議席を獲得した」と述べて、政権交代に必要な議席を確保して圧勝したとの認識を示しています。

引用元:ミャンマー総選挙 スー・チー氏も当選 野党圧勝へ NHKニュース


▲2011年の民政移管以降初となったミャンマー総選挙で、連邦選挙管理委員会は11日、最大野党・国民民主連盟(NLD)のアウン・サン・スー・チー党首(70)が最大都市ヤンゴン郊外の下院選挙区で再選を果たしたと発表した。

 NLD幹部は本紙の取材に「改選議席の8割の議席を確保した」としており、NLDの単独過半数獲得による政権交代が確実な情勢だ。発表によると、11日午前9時(日本時間午前11時30分)現在、上下両院で182議席が確定し、NLDが163議席を獲得。与党・連邦団結発展党は10議席にとどまっている。

 一方、欧州連合(EU)の選挙監視団は10日の記者会見で、「投票過程がよく運営され、投票の秘密が配慮されていた」などと評価した。カーター元米大統領が創設した米国のNGO「カーターセンター」も10日の声明で「全般的には選挙は秩序にのっとって平和的に行われた」などとした。
引用元:スー・チー党首が再選…ミャンマー選挙管理委 : 国際 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)


▲ミャンマーの次期政権を主導する見通しとなった野党、国民民主連盟(NLD)の党首アウン・サン・スー・チー氏(70)は10日、外国メディアとのインタビューで、次期大統領は何の権限もないと明言。自身の大統領就任を禁じた憲法規定に合わせるために任命されるにすぎないとして「私が全てを決定する」と強調した。

 国家元首の大統領ではなく、自身への権力集中にこだわる姿勢は、「権威主義」や「違憲」との批判を招く恐れもある。
 NLDは、8日実施の総選挙で圧勝の情勢。スー・チー氏はシンガポールのニュース専門テレビ、チャンネル・ニューズ・アジアに対し、次期大統領となる人物は「自分に権限がなく、党の決定に従って行動することを十分に理解しなければならない」と説明した。
 憲法は、外国人の家族を持つ者の大統領就任を禁止。英国籍の息子を持つスー・チー氏は大統領になれない。
引用元:【ミャンマー総選挙】「新大統領は何の権限もない」スー・チー氏「私が全て決定する」…権威主義や違憲批判も - 産経ニュース



↑このページのトップヘ