メモ帳~news pick up~

気になったニュースや事柄をメモ。個人的な備忘録。

浅田真央

フィギュアスケート:グランプリ(GP)シリーズ第3戦・中国杯
▲2季ぶりにGPシリーズに復帰した元世界女王の浅田真央(25=中京大)が優勝を飾った。
tghjjjk

 前日6日のショートプログラム(SP)で後続に約6点差をつけて迎えたフリーは125・75点で3位だったが、合計197・48点でGPシリーズ15勝目を挙げ、日本選手最多を更新した。11年ロシア杯から続く連勝記録も8まで伸ばし、最多となった。

 浅田は冒頭のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)は成功させたが、その後の3回転ループで転倒するなどミスもあり、得点は伸びなかった。演技後「今日のフリーは自分としてもまだまだやることがあって、課題もたくさんあると感じました。次に向けて、時間は少ないですが、フリーを中心に練習したい。今日の演技には満足していません」などと話した。

 次戦は27日開幕の第6戦・NHK杯に出場。シリーズ6戦の上位6人に与えられる来月のGPファイナル(スペイン・バルセロナ)出場権を目指す。

 SP2位の本郷理華(19=邦和スポーツランド)はフリーでトップの129・97点を挙げ、自己ベストを更新する合計195・76点で2位となった。昨季世界選手権3位のエレーナ・ラジオノワ(16=ロシア)が3位だった。
引用元:浅田真央が復活Vも「満足していません」2位は本郷 - フィギュア : 日刊スポーツ

cc

曲名:ジャコモ・プッチーニ 歌劇『蝶々夫人』
技術点:58.15
構成点:69.60
減点:2.00
合計:125.75

浅田真央インタビュー


▲女子フリーが行われ、1年間の休養を経て、2季ぶりにGP出場となった元世界女王の浅田真央(25)=中京大=はフリー3位の125・75点をマーク。合計197・48点でGP復帰戦を優勝で飾ったが、思わぬ“アクシデント”に襲われていた。

 これがブランクの影響か…。女王・真央が予想外のミスで1点減点されていた。

 休養していた昨季から、名前を呼ばれてから「30秒以内でスタートポジションにつかないと1点の減点」という新ルールがスタート。それまでは60秒以内だった。

 この日の演技の採点表には、転倒での減点のほか、「Late start -1.00」という記述が。真央自身「ルールが色々変わっているし、気をつけないと」と、話していたが、30秒以上掛かってしまったようだ。

 演技では「蝶々夫人」の柔らかな曲調にのり、冒頭のトリプルアクセルを鮮やかに着氷。だが続く連続3回転で転倒、3回転ルッツは2回転となった。後半のジャンプでも回転が抜ける場面があった。

 会場を沸かせたものの、フリーの得点は3位。キスアンドクライでは「失敗しちゃいました」と両手を合わせるしぐさを見せるなど、浅田が求める基準には、まだ達していないようだった。 浅田にとってGPシリーズ出場は、優勝した13年12月のGPファイナル(福岡)以来。約2年ぶりに戻って来た世界最高峰の舞台で、シリーズ通算15勝目を挙げ、歴代最多となるイリーナ・スルツカヤ(ロシア)の17勝へあと「2」と迫った。
引用元:浅田真央がGPシリーズで復活優勝も…新ルールで1点減点される - ライブドアニュース


▲フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦の中国杯は6日、女子ショートプログラム(SP)が北京で行われ、2季ぶりにGPシリーズに復帰した浅田真央(中京大)は代名詞のトリプルアクセル(3回転半)を着氷させ、71・73点で首位に立った。本郷理華(邦和スポーツランド)は65・79点で2位につけた。
AS20151106004389_comm

引用元:復帰の浅田真央、SP首位に フィギュアGP中国杯:朝日新聞デジタル


▲昨季の休養を経て2季ぶりのGPシリーズ出場となる元世界女王の浅田真央(25=中京大)が、ショートプログラム(SP)で首位に立った。
 女子最高難度のショートプログラムで臨んだ。冒頭のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)に成功。後半の3回転ルッツが踏み切り違反を取られるなどのミスこそあったが、それでも演技が終わると満面の笑みでガッツポーズを見せた。スコアは71・73点で、自己ベストの65・79点で2位の本郷理華(邦和スポーツランド)に6点近い大差をつけ、トップとなった。
 浅田はガッツポーズを見せたことに「終わってこれをイメージしていたのでよかったです。昨日から緊張感があったけど、心からこの舞台に戻ってきたいという、その気持ちが力になった」と笑顔で話した。ジャンプにミスが出たが「まずまずまとめられた。課題はありますけど。マイナスとは考えていない」と意に介さず。そして「SPは振付師から、男性を誘うように滑りなさい、と言われた。表情で表現できたと思います」と胸を張った。
引用元:浅田真央SP首位「心を込めて滑る」フリーで頂点へ - フィギュア : 日刊スポーツ


▲6日は女子シングルの前半のショートプログラムが行われ、浅田選手は得意のトリプルアクセル・3回転半ジャンプのほか、3回転2つの連続ジャンプと、苦手としてきた基礎点の高い3回転ルッツを取り入れた、休養前よりも難しいジャンプの構成で臨みました。浅田選手は冒頭のトリプルアクセルを成功させ、残りのジャンプも着氷しましたが、連続ジャンプが僅かな回転不足と判定され、3回転ルッツでは踏み切り方の違反で減点を受けました。
浅田選手は、演技の出来栄えや表現力では高い評価を受け、71.73の高得点を挙げてトップに立ち、自身にとってのグランプリシリーズの初戦で上々のスタートを切りました。
2位には、昨シーズン、グランプリシリーズで初優勝するなどして成長を遂げた19歳の本郷理華選手がつけ、安定したジャンプに加えスピンやステップで最高レベルの評価を受けて65.79をマークしました。
男子シングルには日本選手は出場していません。
「緊張感がプラスに」
ショートプログラムでトップに立った浅田選手は「練習では完成度が高くなかったが、緊張感がプラスに働いてよい演技ができた。この舞台に戻ってきたいと心から思っていて、その気持ちが助けになっている」と充実した表情で振り返りました。そのうえで、「気持ちはもうあすのフリーに向け集中しないといけない。私の大好きなプログラムを心を込めて滑りたい」と話していました。
引用元:浅田真央 ショートプログラムで首位に NHKニュース


▲フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦、中国杯が6日、当地で開幕し、女子ショートプログラム(SP)で1シーズンの休養から復帰した元世界女王、浅田真央(中京大)が71.73点をマークし、首位に立った。
 大きく腕を広げ、最後のポーズを決めると、そのまま両拳を握りしめた。「昨日からこういう演技をしたいと思っていた。それがイメージ通りにできたから」。リンクに戻って初めてのGPで納得の演技を披露した。

 この日一番の拍手に迎えられリンクに立った。冒頭のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)。公式練習と本番前の計約15回の練習でなかなかきれいに決められなかった大技に成功した。続くフリップ−ループの連続3回転は二つ目のジャンプが回転不足になり、3回転ルッツでは踏み切り違反となったが、「このレベルで挑戦してまとめられたことに大きな意味があった」と及第点。ジャズの名曲「すてきなあなた」に乗り、後半はしっとりと手足を柔らかく使いながら華麗なステップで25歳の女性らしさを表現した。
引用元:フィギュアGP:浅田真央SP1位 本郷理華2位 中国杯 - 毎日新聞

グランプリシリーズ第3戦、中国杯2015 浅田真央選手のショートプログラムの動画。
曲名:「素敵なあなた」(Bei Mir Bistu Shein)
技術点:37.08
構成点:34.65
合計:71.73

▲フィギュアスケートの元世界女王で、1年間の休養を経て現役続行を表明した浅田真央(24=中京大)がGPシリーズ第3戦の中国杯(11月6~8日・北京)と最終戦のNHK杯(11月27~29日・長野市ビッグハット)に出場する。国際スケート連盟(ISU)が15日、同シリーズの出場選手を発表した。
浅田は5月18日に現役続行を表明。「どの試合に出るかは決まっていない」とし、当初は佐藤信夫コーチや関係者もGP不出場の方針を示していたが、練習などの状態から参戦可能と判断した。浅田は4度のファイナル制覇を含む日本選手最多のGP通算14勝。
20150615-00000090-dal-000-view

 宮原知子(17=関大高)は第1戦スケートアメリカ(10月23~25日・ミルウォーキー)とNHK杯に出場。男子のソチ五輪金メダリスト羽生結弦(20=ANA)は第2戦スケートカナダ(10月30日~11月1日・レスブリッジ)とNHK杯、GP初参戦の宇野昌磨(17=中京大中京高)はスケートアメリカと第4戦フランス杯(11月13~15日・ボルドー)にエントリーされた。
引用元:浅田真央はNHK杯と中国杯 ISUがGPシリーズ出場選手発表 (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース

▲国際スケート連盟(ISU)は15日、来季のグランプリ(GP)シリーズの出場選手を発表し、1年間の休養をへて現役復帰する浅田真央(24=中京大)は第3戦の中国杯(11月6日開幕、北京)と第6戦のNHK杯(同27日開幕、長野)に出場することが決まった。中国杯では過去2戦し、12年に優勝している。NHK杯には過去6度の出場で4勝と、絶対的な強さを誇ってきた。国内のファンの声援を力に、好結果が期待できそうだ。

 対戦相手では、3月の世界選手権銅メダルのラジオノワ(ロシア)が中国杯での最大のライバルとなる。NHK杯では同じく世界選手権で銀メダルと躍進した宮原知子(17)、同5位だったワグナー(米国)らと競うことになる。

 浅田はGPシリーズ通算勝利数で現在14勝を挙げ、歴代2位につける。最多は17勝のスルツカヤ(ロシア)。シリーズ2戦の成績次第では、上位6人で争うファイナル(12月10日開幕、バルセロナ)でその記録に並ぶ可能性を有している。
引用元:復帰の浅田真央は中国杯とNHK杯に出場 - フィギュア : 日刊スポーツ



浅田真央が中国杯出場へ!盛り上がる中国のファン
▲浅田は中国でも人気が高い。約1年間の休養を経て復帰した浅田が中国の地で演技を見せるとあって、中国のフィギュアスケートファンからは歓迎するコメントが多く寄せられている。

「真央が来る!泣きそう!!」
「真央は本当に復帰した!しかも中国に来るのか」
「真央が来るなら、私も北京に行く」

「私の真央が本当に来るのか」
「真央もプルシェンコも現役復帰。楽しみになってきた」
「新しいシーズンは戻ってくるべき人がみんな戻ってきたね」
「チケットはいつ発売?」

「羽生が中国杯に出場しないのは残念。でも、浅田の出場が慰めになる」
「真央にはまったく心配はない。すごく期待している」
「真央が中国杯に参加するって?どうやら旅行の計画を立て直さないといけないな」(翻訳・編集/北田)
引用元:<フィギュア>浅田真央が中国杯出場へ!盛り上がる中国のフ...:レコードチャイナ


浅田真央はグランプリシリーズ中国杯とNHK杯に出場に関するツイート






【復帰会見一問一答】真央、自信と不安が交錯「最終的には自分で決めた。先のことは誰にも分からない」 (1/4ページ) - スポーツ - SANSPO.COM(サンスポ)
引用文全文はこちら

asadaaaaa

▲ フィギュアスケート女子のバンクーバー五輪銀メダルで今季を休養した浅田真央(24)が18日、都内で記者会見し、現役続行を表明した。浅田は昨年3月の世界選手権優勝後、競技活動を休止していたが、今月に入って休養前まで師事した佐藤信夫、久美子両コーチの下で現役復帰を視野に練習を開始。これまで今後の去就について「ハーフハーフ」としていたが現役続行に気持ちが傾いた。 引用元:【復帰会見一問一答】真央、自信と不安が交錯「最終的には自分で決めた。先のことは誰にも分からない」 (1/4ページ) - スポーツ - SANSPO.COM(サンスポ)

 ▲--引退しようと思ったときと続行しようと思ったときの心理状態は  「休養中の1年間は『できる、できない』の繰り返し。先のことは誰にも分からないし、自分にも分からない。時の流れに身を任せて生活してきた。スケートから離れたいと思ったときも、数日後にアイスショーがあったり、スケートから離れるときがなかった。何も考えることがなく、スケートとつながってきた」  休養宣言から1年。現役続行を自らの口から表明した浅田は、自信と不安を交錯させながら、スケートへの熱い思いを約20分にわたって語った。(産経新聞) 引用元:【復帰会見一問一答】真央、自信と不安が交錯「最終的には自分で決めた。先のことは誰にも分からない」 (4/4ページ) - ス
ポーツ - SANSPO.COM(サンスポ)

 
浅田真央「100%復帰するつもり」現役続行表明 NHKニュース
引用文
浅田真央「100%復帰するつもり」現役続行表明 ...全文はこちら

▲会見で浅田選手は、「ソチオリンピックのシーズンが終わったあとはスケートを辞める気持ちが強かったが、時がたつにつれ自然と試合が恋しくなり、演技ができた達成感を感じたい、試合に出たいと思い始めた。3月にコーチのもとに相談に行き、今月から練習を始めた」と話しました。 そのうえで「今は、100%復帰するつもりでやっている。今の時点でオリンピックのことは考えておらず、去年の世界選手権の頃のレベルまで戻すことを目標に突き進みたい」と述べて現役続行を表明しました。 会見には200人を超える報道陣が詰めかけ、浅田選手は笑顔も交えつつ、ことばを選びながらおよそ20分間、質問に答えました。 引用元:浅田真央「100%復帰するつもり」現役続行表明 NHKニュース


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

↑このページのトップヘ