自分の作品だからいろいろ口を出したい気持ちは判るけどこういう人は好かないな。

引用元:「怒り」原作者である吉田修一氏に呆れ声 キャスティングに口出し過ぎた? - ライブドアニュース
・・・主演の渡辺謙をはじめ、宮崎あおい、森山未來、松山ケンイチ、妻夫木聡、綾野剛、広瀬すずと、今の日本映画界を代表するようなメンバーをそろえたのも、原作者である吉田氏の強い要望があったようだ。

「吉田さんは『悪人』でかなり評価が上がった作家さんで、『怒り』を映画化したいと相談したときに『豪華キャストじゃないと、映画化は許可しない』と、映画会社に言ったそうです。『悪人』も、妻夫木に深津絵里、満島ひかり、樹木希林、柄本明と錚々たる面々だったのですが、それ以上を要求したそうです。実際問題、原作者の人でキャスティングにそこまで口を出す人はいないので、映画会社は『予算のことを無視していろいろ言う面倒な人だな』ってあきれてましたよ」(芸能事務所関係者)・・・
記事全文はこちらから

怒り(上) (中公文庫)
吉田 修一
中央公論新社
2016-01-21