メモ帳~news pick up~

気になったニュースや事柄をメモ。個人的な備忘録。

ロシア

▲報告書によると、ドーピングによりシカゴ・マラソン連覇の記録などを取り消されたリリア・ショブホワ元選手は、違反を隠すために夫とともに露陸連幹部に賄賂を支払っていたと証言した。「ロシア代表の99%がドーピングで違反している」と訴えた円盤投げの選手もおり、不正が恒常的に行われていた実態が明るみに出ている。

 旧ソ連時代、政権は国力誇示の手段としてスポーツを重視した。選手の育成は国を挙げて行われ、好成績を収めれば住居や金銭、車を好条件で購入する特権が付与されたという。

 スポーツを国威発揚に積極的に利用する傾向は2012年のプーチン大統領の復帰以降、再び顕著になったと指摘されている。プーチン氏は14年のソチ冬季五輪、18年のサッカー・ワールドカップを相次ぎ招致。国際スポーツイベントの開催は、ソ連崩壊で混乱した過去を清算し“大国復活”を内外に印象づけるための格好の手段となりうる。ソチ五輪でのメダル獲得者には、金、銀、銅によって異なる金額と種類の高級乗用車が付与されるなど、成績優秀者は政府によって「成功者」扱いされた。
引用元:【ドーピング】ロシア「メダルは国力」「勝利のために手段を選ばない文化」 旧ソ連時代の国威発揚復活(1/2ページ) - 産経ニュース

▲世界反ドーピング機関(WADA)独立委員会が指摘したロシア陸上界を巡る国ぐるみのドーピング。9日にジュネーブで記者会見したディック・パウンド委員長は、「すべては国家当局の知識、同意なしには起こりえない」と、スポーツ大国で行われていた未曽有の不正行為を糾弾した。

 パウンド委員長は約100人の報道陣を前に、ロシアの国家関与があったかと問われると、即答した。「国が同意し、容認していたという意味では『イエス』だ。それ以外の結論はありえない」

 調査は今年1月から行われ、公表された300ページ余りの報告書は関係者の証言、施設の立ち入り検査などで得た実態が記されている。ロシアのムトコ・スポーツ相の関与についても「確定的には言えない」としながらも「(ドーピングが)あまりに広範囲に起きており、大臣が知らないのは不可能。知っていたということは、共謀と同じ」と断じた。
引用元:露当局の「関与」糾弾…反ドーピング機関独立委 : スポーツ : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)


▲ロシアの組織的なドーピングは昨年末から報じられ、WADAが疑惑解明に向けた調査を進めてきた。第三者委は不正行為が2012年ロンドン五輪や14年ソチ五輪で実際の競技の結果にも影響したことから、国際サッカー連盟(FIFA)を巡る汚職事件よりも重い事態だと指摘。処分は5人のロシア選手の永久追放や、同国のドーピング検査機関の認証取り消しなどに及ぶ見通しだ。

 今後は国際刑事警察機構(ICPO)が陸上界でのドーピングに対する広範囲な捜査で調整する役割を担うという。
引用元:ロシア陸上、リオ出場停止も 反ドーピング機関勧告  :日本経済新聞

▲エジプト東部シャルムエルシェイクからロシア西部サンクトペテルブルクに向かっていたロシア「コガルイム航空」のエアバスA321型旅客機が31日午前(日本時間同午後)、離陸後間もなく消息を絶ち、エジプト・シナイ半島中部に墜落した。ロイター通信などが伝えた。乗客乗員224人が搭乗していたという。

 ロシアの航空当局によると、同機は午前6時51分に離陸後、約25分後に消息を絶ったという。同機の機長が離陸直後、「技術的な問題」が発生したために飛行ルートの変更を要請したとの情報もある。

 乗客の大半は、ロシア人とみられている。

 シャルムエルシェイクは、紅海に面した同半島南部にあるリゾート地。シナイ半島の一部では、イスラム過激派の動きが活発化しているが、エジプト当局は、旅客機が撃墜された兆候はないとしている。
引用元:224人乗りロシア機がエジプトに墜落 機長が離陸直後に「技術的問題」ルート変更要請 - 産経ニュース



▲ロシアの航空会社の旅客機がエジプト東部のシナイ半島で墜落したことについて、エジプトの国営メディアは、エジプトの民間航空省の航空機事故調査委員会が「技術的な問題によるもので、撃ち落とされたものではない」という見方を示したと伝えています。
それによりますと、旅客機のパイロットは「技術的な問題が発生したため、近くの空港に着陸したい」とエジプトの航空当局に連絡してきたということです。エジプト政府の航空機事故調査委員会は、旅客機はシナイ半島の北部にある空港への着陸を試みている途中で墜落したとみられるという見方を示しているということです。
また、航空機事故調査委員会のメンバーが墜落現場に向かっているということで、飛行の状況を記録したフライトレコーダーや操縦室での会話などを記録したボイスレコーダーなどを回収して墜落の原因を調べることにしています。
「日本人とみられる名前ないようだ」
墜落した旅客機には乗客乗員合わせて224人が乗っていたと伝えられていますが、ロシアのメディア「ライフニュース」はこのうちの210人分の乗客名簿だとするリストを公表し、それについて、日本大使館は「日本人とみられる名前は含まれていないようだ」と話しています。また、複数のメディアは、乗客は全員、ロシア人だと伝えています。
モスクワにある日本大使館は、引き続き、ロシアの救難当局に問い合わせるなどして日本人の乗客がいないか確認を急いでいます。
引用元:ロシア旅客機墜落 乗客乗員224人搭乗 NHKニュース



246c6359
68464c43
4cd16c50


最新兵器披露、大国を誇示 目立たなかった半島からの「賓客」
▲冷戦時代さながらの演出だった。3日に行われた中国の抗日戦争勝利70周年記念行事。「パレードブルー」と呼ばれる快晴の下、北京市中心部を東西に走る長安街の大通りを約1万2千人の人民解放軍の兵士たちが軍靴を響かせた。

 戦闘機200機あまりの飛行や、初公開の武器など500点強の軍装備を披露し、“軍事大国・中国”を内外に誇示した。

 黒煙を出しながら進む戦車や装甲車の隊列は、1989年6月にこの一帯で多数の学生や市民が犠牲となった天安門事件を思い起こさせた。

 行事の目的について、中国当局は「平和の大切さをアピールし未来を開くためで、特定の国を念頭に置いて行うものではない」と再三、強調していた。しかし、日本を強く意識させるものが随所にあった。

 午前9時40分、軍楽隊による勇壮な演奏が始まった。「黄河を守ろう」「ゲリラの歌」など日中戦争時代に流行した抗日歌曲が天安門広場にこだました。

 国家主席、習近平は演説で「日本軍国主義」という言葉を繰り返した。演説後の軍事パレードで、天安門前を次々と横切る解放軍部隊について、国営中央テレビ(CCTV)アナウンサーは「平型関の戦い(山西省)に参加した部隊です」「共産党が指導した東北地域の抗日武装ゲリラが前身です」などと説明した。
引用元:【歴史戦 第13部 戦後70年抗日行事(中)】最新兵器披露、大国を誇示 目立たなかった半島からの「賓客」(1/7ページ) - 産経ニュース


中国 「抗日戦争勝利70年」軍事パレード

▲中国による「抗日戦争勝利70年」を記念する大会が北京の天安門広場で始まり、現在、およそ1万2000人の兵士が動員されるとする軍事パレードが行われています。習近平国家主席は演説で、「中国は将来、兵力を30万人削減する」と宣言し、国際社会の注目を集めるなか、中国脅威論を払拭(ふっしょく)したいというねらいがあるものとみられます。
中国政府はことしを「抗日戦争と反ファシズム戦争の勝利70年」と位置づけ、これを記念する大会を日本時間の3日午前11時から北京の天安門広場で開催しています。
広場では、初めに、70年にちなんで70発の礼砲がうち鳴らされ、国旗が掲揚されました。続いて、習近平国家主席が演説し、「中国は一貫して平和的な発展の道を歩み続ける。中国は永遠に覇権を唱えず、永遠に拡張路線を取らず、みずからの悲惨な経験をほかの民族に押しつけることも永遠にしない」と述べました。そのうえで、およそ230万人とみられている兵力について、「中国は将来、兵力を30万人削減する」と宣言しました。
このあと、習主席はオープンカーに乗って人民解放軍の部隊を観閲し、軍事パレードが始まりました。パレードには軍の発表でおよそ1万2000人の兵士が動員され、戦車やミサイルなど40種類余りの装備と200機近い航空機が披露されています。
パレードにはおよそ30か国の首脳級が出席し、このうちロシアのプーチン大統領が天安門の観閲台で習主席の右隣に立ち、さらにその右隣に韓国のパク・クネ(朴槿恵)大統領が立ちました。日本の安倍総理大臣は出席せず、欧米諸国のほとんども首脳の出席は見送りました。
「抗日戦争の勝利を記念する」とした軍事パレードは初めてで、共産党政権の正当性を強調し、強大になった中国の軍事力と指導者の威信を誇示するねらいがあるとみられています。習主席としては、国際社会の注目を集めるなか、中国軍の兵力削減を宣言することで中国脅威論を払拭したいというねらいがあるものとみられます。
引用元:中国 「抗日戦争勝利70年」軍事パレード NHKニュース



朴氏とプーチン氏、習氏と並んでパレードを観閲

▲ 【北京=豊浦潤一、緒方賢一】北京の天安門広場で3日行われた中国の「抗日戦争勝利70年」の軍事パレードでは、韓国の朴槿恵大統領とプーチン露大統領が習近平中国国家主席と並んで観閲した。

 欧米首脳や安倍首相が出席を見送った中、韓露両首脳はそれぞれ緊密な対中関係を印象づけた。

 パレード前の記念撮影では習氏と彭麗媛夫人の右隣にプーチン氏、左隣に朴氏が立ち、参加する31か国の国家元首、首脳級の来賓の中で韓露は別格であることが示された。

 天安門の壇上では習氏が中央の座を占め、その右側にプーチン氏、朴氏、カザフスタンのナザルバエフ大統領の順に並んだ。

 朴氏はサングラスをかけ、座って観閲する姿がテレビで映し出された。朴氏は今回、日米が「中韓で結託して日本を圧迫する形は望ましくない」と懸念を示す中で出席。習氏の隣に座らなかったのは、日米に配慮した可能性もある。
2015年09月03日 16時09分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
引用元:朴氏とプーチン氏、習氏と並んでパレードを観閲 : 国際 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)



ee4c5de4
8fe6dd01

67beb305
383dc4b3
1e44af9c
5c4cc43a
3e353a2e
55509a67
6ecee9fc
5f66fd4f


画像引用元:中国で抗日戦争勝利70年軍事パレードが開催、40種類余りの装備を披露(動画と画像あり)! : 軍事・ミリタリー速報☆彡



▲ローマ法王フランシスコは10日、バチカンでロシアのプーチン大統領と会談、ウクライナ情勢をめぐり「人道的にひどい状況を解決することが不可欠だ」と強調し、プーチン氏に和平実現への努力を求めた。法王庁が発表した。
puuuuuuuroooo

 法王は、ウクライナ政府軍と親ロシア派武装勢力との和平合意を実行する責任が全関係者にあると訴えた。法王とプーチン氏は、紛争当事者らが対話の機運を取り戻すことが必要との認識で一致した。

 少数派のキリスト教徒らへの迫害が続くシリアやイラクなど中東情勢も協議した。引用元:ローマ法王がプーチン大統領に要請 ウクライナ和平の実現を - ライブドアニュース

この記事に関するツイート




▲ローマ法王フランシスコは10日、ロシアのプーチン大統領と会談し、ウクライナの和平を実現するため「誠実で多大な努力」を要請した。

会談は約50分間行われ、バチカンによると、ウクライナをめぐる対話の機運を再び高め、政府軍と親ロシア派勢力との停戦合意を着実に履行することが必要という考えで一致した。

法王はプーチン大統領に対し、ウクライナの「憂慮すべき人道的状況」を解決することが重要で、紛争地帯に支援物資を輸送できるよう求めた。引用元:ローマ法王、プーチン大統領と会談 「ウクライナ和平へ努力を」 | ワールド | Reuters







↑このページのトップヘ