メモ帳~news pick up~

気になったニュースや事柄をメモ。個人的な備忘録。

医療

膨れ上がる医療費をどう抑制あ問題なのに
先ずこう言うザル法を見直すべき

引用元:来日中国人が日本の医療制度に“タダ乗り”しようとしている!?- 記事詳細|Infoseekニュース
///..国民医療費が40兆円を突破し、日本の財政は危機敵な状態にある。こうしたなか、一部の来日中国人が日本の医療制度に“タダ乗り”しようとしているという。そんな噂を聞いて取材を開始したところ、とんでもない実態が浮かび上がった!

 爆買いが収束に向かうなか、安倍政権が見据える新成長戦略が医療ツーリズムだ。日本政策投資銀行は、’20年の潜在的市場規模を5500億円と見積もっている。

 今や日本の医療の信頼性は世界の知るところとなり、日本での検診や治療を希望する外国人も増えている。しかし中には招かれざる客も紛れているようだ。

 中国・広東省出身の40代の中国人女性Wさんは、3年前から患っているC型肝炎の治療のため、2か月前に夫を伴って日本にやってきたばかりだ。

「中国で1年ほどインターフェロン投与による治療を続け、一旦は治ったようにみえたのですが、半年後に再発。そんななか、ほぼ完治するという特効薬・ハーボニーの存在を医者から聞いた。ただ、その薬は中国国内では承認されておらず、海外の医療機関で治療する必要があるとのことでした」

 興味を持ったWさんは、海外への医療ツアーを斡旋する複数の業者に接触した。ちなみに中国の患者数は約4000万人以上おり、国民病だ。こうした事情を受け、海外でハーボニーによる肝炎治療を仲介する業者は数多く存在するという。ただ、欧米での投与は完治までの滞在費を含め1000万円近くかかる。上位中間層に属するWさんにとっても、即断できる金額ではなかった。

「後発薬が使用されているインドや東南アジアなら100万円以下で済むらしいのですが、不安で踏み切れなかった。そんなとき、ある業者が日本での治療という選択肢を提案してきた」(Wさん)

 問題は彼女が支払う費用だ。

「医療費に業者への費用、滞在費をあわせて200万円ほどです」

 国が定めるハーボニーの薬価は5万5000円で投薬期間は12週間。完治までには薬代だけで最低465万円がかかる計算となる。

「国民健康保険のおかげです。薬代は月に1万円までしか取られないですから」(同)

 実は彼女の在留資格は、医療滞在ビザではなく、会社経営のために滞在する場合に発給される経営・管理ビザなのだという。留学ビザや経営・管理ビザ、就労ビザなどで日本に3か月以上合法的に在留するすべての外国人は、国民健康保険(会社員なら社会保険)への加入が義務付けられている。同時に、日本人加入者と同様の恩恵を受けることができる。ハーボニーは肝炎医療費助成制度の対象となっており、国保もしくは社保の加入者は、所得によって自己負担限度額が月額1万円もしくは月額2万円までに制限される。つまり薬価ベースでは465万円かかる投与が、最低3万円で受けられるのだ。さらにハーボニーの薬代以外の診察料や各種検査費用なども、国保なので「3割負担」で済む。Wさんが依頼した業者は、この制度に目をつけ、格安でC型肝炎治療を受けられる方法を彼女に売り込んでいたのだ。
..///記事全文はこちらから

▲国内最大の感染症とも言われるB型肝炎やC型肝炎。国は早期の治療を呼びかけている。そうした中、飲むだけで体内のC型肝炎ウイルスを消滅させる新たな治療が始まっている。

20151112-215215-1-0000


 ■C型肝炎は「21世紀の国民病」

 肝炎とは、肝臓の細胞に炎症が起こり、肝細胞が壊される状態のこと。その原因の約7割がウイルスの感染によるものだ。ウイルス性肝炎には、主に水や食べ物を介して感染するA型、E型のほか、主に血液を介して感染するB型、C型、D型などがある。

 中でも一番多いのが、C型肝炎。日本では190万人~230万人が感染していると推定され、21世紀の国民病ともいわれている。感染している可能性が高いのは、検査態勢が整う1992年2月以前に輸血を受けた人、ウイルスに汚染された注射器で予防接種を受けた人、適切な消毒をしない器具で医療行為を受けた人などで、感染に気がつかないままの人も多いと言われている。ウイルスに感染しても約3割が自然に消えるが、ウイルスが増え続けると、慢性肝炎、肝硬変、肝ガンへと進んでいくという。

 ■「100%治る」新薬…日本で承認

 症状が進む前に欠かせないのが治療。これまでは抗ウイルス薬の「インターフェロン」を注射で投与することが有力な治療とされてきた。しかし、人により効果がない場合や、発熱や倦怠(けんたい)感、うつの症状など、激しい副作用も課題だった。

 こうした中、画期的な薬が日本で承認された。

 「100%治るという薬がでてきています。ウイルス性肝炎は、いま、黙って過ごしているのはもったいないというような時代になってきています」-虎の門病院・肝疾患相談センターの鈴木義之医師がこう説明するのは、今年7月に日本で承認された新たなC型肝炎治療薬「ハーボニー」。1日1錠、3か月飲むだけで、今のところ重い副作用もなく、体からウイルスがなくなるという。157人を対象にした治験では、全員、ウイルスが消えたという。

 この薬の価格は1粒およそ8万円。しかし保険が適用される上、国の補助がでるため、患者の負担は月に約1万円から2万円。

 ■気づいていない人が多い肝炎…一度は検査を

 気がつかないまま生活している人が多い肝炎。早く治療を受けるために、自分が感染しているかどうか、早く知ることも大切だ。全国の自治体では、対象となる人に無料でC型肝炎の検査を実施している。検査は、問診のほかは採血のみ。

 厚生労働省は、現在、新たな感染は少ないものの、一度は検査してほしいと呼びかけている。感染がわかっても、「飲むだけで治る薬」がでた時代。一度検査を受けてみることで自分のからだを守れるかもしれない。
引用元:「100%治る」C型肝炎新薬 日本で承認|日テレNEWS24

▲今回発売されたハーボニーは、1錠中にソホスブビル400mgとレジパスビル90mgを含有した、HCV RNA合成を阻害するDAAsの配合製剤である。インターフェロン製剤やリバビリンとの併用を必要としない特徴を有している。

 レジパスビルは、HCVの複製およびHCV粒子の形成に必須の、非構造タンパク質5A(NS5A)を標的とする薬剤である。レジパスビルと同じNS5Aを標的とするDAAsとしては、2014年9月よりNS5A複製複合体阻害薬ダクラタスビル(商品名ダクルインザ)が臨床使用されている。

 In vitroでソホスブビルとレジパスビルとの併用は、HCVに対して相加的な抗ウイルス作用を示し、交差耐性も認められなかったことが確認された。このことを踏まえて、配合剤であるハーボニーの国内外第3相臨床試験が実施された結果、SVR12率(投与終了から12週間後のHCV RNAが定量下限値未満の割合)100%を達成した。
 なお、ハーボニーの薬価は1錠8万171.30円。中央社会保険医療協議会で議論され話題となった。
引用元:ハーボニー:著効率100%のC型肝炎治療薬:日経メディカル

ハーボニー配合錠の作用機序:C型肝炎治療薬

続々登場するC型肝炎新薬のお知らせ~あなたに適する治療法は!?~(’15年10月1日改訂版) - 千葉肝臓友の会

C型慢性肝炎の新薬、1錠8万円で登場|医療維新 - m3.comの医療コラム

国立研究開発法人国立国際医療研究センター 肝炎情報センター

日本肝臓病患者団体協議会

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

▲医薬品の特許が切れたあとに販売される価格が安い後発医薬品、いわゆるジェネリックについて、医師の半数以上が品質などに不信感を持っていて、普及に向けた課題になっていることが厚生労働省の調査で分かりました。
政府は医療費の抑制に向けて、医薬品の特許が切れたあとに販売される、価格が安い後発医薬品、いわゆるジェネリックの使用割合を現在の50%程度から、2020年度までのなるべく早い時期に、80%以上に引き上げるとする目標を掲げていてます。
こうしたなか、厚生労働省は医師などを対象に行った、ジェネリックについての意識調査の結果を6日開かれた中医協=中央社会保険医療協議会に報告しました。
それによりますと、病院の医師にジェネリックに対する不信感の有無を尋ねたところ、「不信感はない」と答えた医師が40.7%だったのに対し、54.9%が「不信感がある」と回答しました。そして、「不信感がある」と答えた医師に、その理由を複数回答で聞いたところ、「新薬との効果・副作用の違い」が67.9%と最も多く、次いで「新薬との使用感の違い」が38.6%などとなりました。
引用元:ジェネリックに医師の半数以上が不信感 NHKニュース


▲<ジェネリック医薬品(後発薬)> これまで使われてきた薬の特許が切れた後に同等の品質で製造、販売される薬。研究開発費用が低く抑えられるため、新薬よりも安い価格で提供できる。厚生労働省が審査し、新薬と同等の効果があり、代替可能な薬だと承認する。さまざまな病気や症状に対応しており、カプセルや錠剤、点眼剤などがある。
引用元:東京新聞:厚労省、後発薬の価格下げ検討 新薬の5割程度:経済(TOKYO Web)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

▲前立腺がんの抗がん剤が効かなくなった患者に既存の抗ウイルス薬を併用すると、再び効果が得られる可能性があるとの研究結果を、慶応大などのグループがまとめた。来春から医師主導の治験を始める計画。京都市で開かれている日本癌(がん)治療学会で30日、発表した。

 前立腺がんは、日本人の男性では胃がんに次いで多い。進行した場合の標準的な治療として抗がん剤「ドセタキセル」が広く用いられているが、使い続けるうちに効果が弱まり、再びがんが増殖してしまうケースも少なくないという。

 グループは、抗がん剤が効きにくくなった状態のがん細胞では、遺伝子の働きが変化していることに着目。その変化を打ち消す既存の薬を探し、肝炎治療に使われている抗ウイルス薬「リバビリン」を見つけた。

 抗がん剤の効かなくなった患者5人にリバビリンを併用した臨床試験では、2人でがんの指標となる「PSA」の数値が下がり、うち1人は画像診断で骨に転移したがんが消えていたという。小坂威雄(たけお)・慶応大専任講師(泌尿器科学)は「リバビリン投与が、抗がん剤が効きにくくなったがんを、効くがんに巻き戻すと考えられる。新たな治療法の一つになると期待できる」と話す。
引用元:前立腺がん:治療に光 抗がん剤、肝炎薬で効果復活 慶大チーム - 毎日新聞

▲慶応義塾大学医学部の大家基嗣(もとつぐ)教授や小坂威雄(たけお)専任講師らは、抗がん剤が効かなくなったがんに対し、別の薬剤の投与で再び抗がん剤が効くようにする新しい治療法の臨床試験に成功した。抗がん剤「ドセタキセル」が効かなくなった進行性の前立腺がんの患者に対して抗肝炎ウイルス薬「リバビリン」を併用し、5例中2例において前立腺がんのバイオマーカー(目印となる生体物質)の値が下がることを確認した。
nkx20151030eaad

 現在、ドセタキセルが効かなくなった前立腺がんに対する有効な治療法はないため、新たな治療法として期待できる。2016年3月をめどに慶大病院で医師主導型の治験を始める。
 研究チームは、ドセタキセルが効きにくいがん細胞を持つマウスに、ドセタキセルとリバビリンを投与することで治療の有効性を確認していた。抗がん剤が効かなくなるよう変化したがん細胞中の遺伝子の性質を、再び効くようにリバビリンが変化させる作用メカニズムが考えられるという。
引用元:慶大、耐性がんに別の薬物投与し再び抗がん剤治療を有効にする治療法の臨床試験に成功:日刊工業新聞
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

↑このページのトップヘ