最近のフィギュアスケートは女子より男子の方が成績がいいね。
羽生結弦選手が引っ張る形で随分と層が厚くなった。

引用元:宇野昌磨が今季初戦V、羽生を脅かす3本の4回転 - フィギュア : 日刊スポーツ
///..18歳の宇野昌磨(中京大)が、グランプリ(GP)シリーズ今季初戦を優勝で飾った。ショートプログラム(SP)首位に続いてフリーもトップとなり、自己ベストの合計279・34点。世界で宇野しか跳べない4回転フリップを含む4回転ジャンプ3本を初めてそろえた。GP初優勝した昨季のフランス杯は、パリでの同時多発テロの影響でSPのみの実施だったため、SPとフリーを演じての優勝は初めて。トップで戦える自信をさらに深めた。

 宇野が3本目の4回転ジャンプを降りると会場の空気が変わった。名演の予感が漂う。だが、2つのジャンプを残し「ノーミスがちらついた」瞬間、転倒。観客からため息がもれた。予定していた3回転半-1回転ループ-3回転フリップの基礎点は15・73。このミスさえなければ、史上4人目となるフリー200点超えだった。滑り終えると「もったいなかったー」と思いながら、笑顔で頭を抱えた。

 フリーで4回転3本をそろえるのは、ISU(国際スケート連盟)公認大会で初めて。成功の要因は「割り切り」にあった。冒頭は世界で宇野しかできない4回転フリップ。本番前の6分間練習では1本も成功せず「跳べないなら思いっきりいこう」と開き直り、美しく着氷した。4回転トーループは2週間前の今季初戦後、より演技になじむようにと、跳ぶ前にステップを入れる難しいものに変更。十分構えられない分「何も考えられなかった」。無心で跳び、2・29点もの出来栄え点を得た。4回転-2回転の連続ジャンプも「跳べると思ってなかった」。楽な気持ちが、いいジャンプを生んだ。
..///記事全文はこちらから

宇野君が表紙です