メモ帳~news pick up~

気になったニュースや事柄をメモ。個人的な備忘録。

引用文
スウェーデン王立科学アカデミーは7日、2014年のノーベル物理学賞を、青色発光ダイオード(LED)を開発した赤崎勇・名城大終身教授(85)、天野浩・名古屋大教授(54)、米カリフォルニア大サンタバーバラ校の中村修二教授(60)の3氏に授与すると発表した。低消費電力で長寿命などの利点があるLEDの実用化に貢献し、次世代の光源として普及させた功績が評価された。

 日本人のノーベル賞は12年の山中伸弥氏(医学・生理学賞)に続く受賞で、米国籍の南部陽一郎氏を含め計22人に。物理学賞は08年の南部氏、小林誠氏、益川敏英氏に次ぐ受賞となった。
引用元:ノーベル物理学賞に赤崎、中村、天野の3氏 青色LED開発 - 産経ニュースより

lif1410070038-p1

赤崎勇・名城大終身教授

lif1410070038-p2

中村修二・米カリフォルニア大サンタバーバラ校教授


lif1410070038-p3

天野浩・名古屋大学大学院工学研究科教授
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

数字を使ったパズル「数独」の世界王者を争う第9回世界数独選手権が今月ロンドンで開かれ、東大大学院生の森西亨太さん(25)が日本人として初めて優勝した。

森西さんは東大大学院工学系研究科に在籍しており、これまで中国の政府系機関が主催する別の「世界選手権」でも優勝経験がある。

 今月14日まで開かれた今回の大会で、日本は団体戦でも2年ぶり3度目の優勝を果たした。2位はドイツ、3位は中国だった。


引用元:

http://sankei.jp.msn.com/life/news/140820/trd14082022590020-n1.htm

数独選手権、日本人が優勝 東大院生の森西さん - MSN産経ニュース




World Sudoku Championship(世界数独選手権)過去の個人、団体の優勝者

2006から2012まで


開催国 開催都市 個人 団体
2006 イタリア ルッカ チェコの旗 ヤナ・ティローバ アメリカ合衆国の旗 トーマス・スナイダー アメリカ合衆国の旗 Wei-Hwa Huang - - -
2007 チェコ プラハ アメリカ合衆国の旗 トーマス・スナイダー 日本の旗 楠井悠平 スロバキアの旗 Peter Hudak 日本の旗 日本 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 チェコの旗 チェコ
2008 インド ゴア アメリカ合衆国の旗 トーマス・スナイダー 日本の旗 楠井悠平 チェコの旗 Jakub Ondrousek チェコの旗 チェコ 日本の旗 日本 ドイツの旗 ドイツ
2009 スロバキア ジリナ ポーランドの旗 Jan Mrozowski セルビアの旗 Branko Ceranic チェコの旗 Robert Babilon スロバキアの旗 スロバキア チェコの旗 チェコ セルビアの旗 セルビア
2010 アメリカ フィラデルフィア ポーランドの旗 Jan Mrozowski チェコの旗 Jakub Ondrousek 日本の旗 條秀彰 ドイツの旗 ドイツ チェコの旗 チェコ 日本の旗 日本
2011 ハンガリー エゲル アメリカ合衆国の旗 トーマス・スナイダー 日本の旗 森西亨太 エストニアの旗 Tiit Vunk ドイツの旗 ドイツ チェコの旗 チェコ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
2012 クロアチア クラリェヴィツァ ポーランドの旗 Jan Mrozowski 日本の旗 森西亨太 日本の旗 條秀彰 日本の旗 日本 チェコの旗 チェコ 中華人民共和国の旗 中国



世界選手権

2006 年3月10日、11日にはイタリアのルッカで初の世界選手権(世界ナンプレ選手権(英語版))が開催され、22カ国85名が参加した。優勝はチェコの女性 ヤナ・ティローバである。女性が国際的なパズル選手権で優勝するのは世界パズル選手権でも例がないことだった。日本代表はパズル作家の西尾徹也の4位が最 高だった。

2007年にはプラハで第2回大会が開催され、個人ではアメリカのトーマス・スナイダーが、チームでは日本が優勝した。また、 これに伴い、日本では世界選手権の参加者の選抜を兼ねた日本選手権が行われた。この大会は日本パズル選手権(世界パズル選手権の日本代表選考を兼ねる)と 同様世界文化社が主催している。

選手権の正式名称は World Sudoku Championship(世界数独選手権) だが、公式な日本語名は、商標の関係もあり「世界ナンプレ選手権」となっている。

引用元:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%95%B0%E7%8B%ACより

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

↑このページのトップヘ